【Xserverとさくらのレンタルサーバ】本当に速いのはどっち?【スピード検証】

WPサーバー検証
【Xserverとさくらのレンタルサーバ】本当に速いのはどっち?【スピード検証】

Xserverとさくらのレンタルサーバ、本当に速いのはどちらか検証してみた

日本国内では3大レンタルサーバーであるXサーバーとさくらのレンタルサーバはどちらが速いのか?実際に使ってみたらどれくらいのスピードなのか?を検証しました。

さくらのレンタルサーバにはいくつかプランがありますが、今回の検証ではビジネス(月額2,619円税込)を使用します。

Xサーバーのプランは、X10を使用します。ただしXサーバーでは公式サイトでも説明があるとおり、X10~X30のどのプランを使用しても、スピードに違いはありません(カスタマーサポートにも確認済)。

検証実施にあたって、Kinstaサーバーにて運営されている本サイトjepista.comを、各サーバーにサーバー移行しました(各サーバーに本サイトを複製した)。そしてスピードチェッカーで速さを測定します。

▶ JEPISTAでは多くのワードプレスサーバーのスピード検証をしております。同じ条件のもと全ての検証をしているので、今回のXserverとさくらのレンタルサーバのスピード結果と、他のサーバーのスピード結果をそのまま比べていただけます。» 全サーバーのスピード結果と、偏差値ランキングはこちら

両サーバーにとって条件を同じにする

検証では、片方に有利な結果にならないよう、同じ条件の下で実施しなければなりません。

双方、全く同じサイトであるjepista.comをホストし、同じスピードチェッカ―Pingdomにて計測することとします。

尚、XサーバーのスピードはXサーバーとKinstaのスピード比較検証の結果を、さくらのレンタルサーバのスピードはさくらのレンタルサーバとKinstaのスピード比較検証の結果を使います。

XサーバーとKinstaのスピード比較検証さくらのレンタルサーバとKinstaのスピード比較検証でも、それぞれのサーバーに本サイトJepista.comをホスト(複製)したうえでスピード計測をしていることから、条件は同じです。よって今回はそれら検証で出た結果データをそのまま使用することとします。

またPingdomでは、スピードを計測する地点を、東京、フランクフルト(独)、ロンドン(英)、ワシントンD.C(米)、サンフランシスコ(米)、シドニー(豪)、サンパウロ(ブラジル)から選択することができます。本スピード検証では、全ての地点からのスピードを測ることにします。

【Xserverとさくらのレンタルサーバ】スピード結果・比較

【実証】スピード結果表

都市さくらXserver勝者スピードUP
東京2.83秒0.922秒Xserver207%
フランクフルト (独)4.52秒5.00秒さくら11%
ロンドン (英)5.32秒2.90秒Xserver83%
ワシントン D.C (米)4.85秒3.73秒Xserver30%
サンフランシスコ (米)3.98秒1.65秒Xserver141%
シドニー(豪)4.15秒2.16秒Xserver92%
サンパウロ (ブ)5.46秒4.02秒Xserver36%
合計秒数31.11秒20.38秒Xserver
平均秒数4.44秒2.91秒Xserver53%
さくらのレンタルサーバ(ビジネス)とKinstaの速さ比較

※スピードUPとは、勝者に変えたら、どれくらいサイトのページ読み込みスピードが速くなるかをパーセント化したもの。

※秒数リンクをクリックすると結果ページが開きます。ただ結果ページに表示される計測ロケーション”Test from”は、正しく表示されないのでご注意ください。なぜかPingdomではページを開くたびにここだけ変わってしまいます。

スピード結果のポイント

  1. 東京からのアクセス時において、さくらのレンタルサーバでは2.83秒、Xserverでは0.922秒
  2. 東京からのアクセス時においては、Xserverが207%速い
  3. フランクフルトを除いた他の全地点においては、Xserverが圧倒している
  4. 全地点の平均では、Xserverが53%速い
  5. 今回の7回のアクセスで、合計の差は10.33秒となった。

スピード結果から考察できること

さくらのレンタルサーバからXserverに変えると53%速くなる

全地点平均において、さくらのレンタルサーバでは4.44秒だったのに対してXserverでは2.91秒と、読み込み時間は約2/3となった。

ちなみに、この「2/3」とスピードUPの「53%」の理解がややこしいかもしれませんが、スピードUPについては、さくらのレンタルサーバーからXserverにサーバーを変えたら何%速くなるかというものです(例①:4秒→2秒になったら100%速い 例②:3秒→2秒になったら50%速い)。

東京からのアクセスでは、Xserverがさくらのレンタルサーバより207%速い

東京アクセスにおいては、Kinstaの方が207%も速い実証結果となった。このことからもし、さくらのレンタルサーバからXseverにサーバーを変えれば、ウェブサイトのページ読み込みスピードが、3倍以上速くなることが期待できます。※この場合、”100%だったら2倍速い”、”200%なら3倍速い”という点に注意です。

1万PVでは4時間15分節約、10万PVでは42時間27分節約

今回の検証では本サイトjepista.comを使用しました。そして

もし本サイトが月間1万PVある場合、ページ読み込みに掛かる時間は、さくらのレンタルサーバ利用では12時間20分となるが、Xsever利用では8時間5分となる。よってXserverにすれば4時間15分節約することができる。

もし本サイトが月間10万PVある場合、ページ読み込みに掛かる時間は、さくらのレンタルサーバ利用では123時間20分となるが、Xserver利用では80時間53分となる。よってXserverにすれば42時間27分節約することができる。

※計算方法:掛かる時間=平均秒数×1万PV(もしくは10万PV)÷60÷60

お役立ち情報

偏差値ランキング【WordPressサーバーの速さを徹底検証】

各ワードプレスサーバーの速さ検証の結果を偏差値化しました。

さまざまなサーバーの速さを偏差値化することで、ぱっと見で簡単に比較できるものとなっています。

また、実際に使ってみたからこそ言える使用感についても「ひと言」として添えております。

みなさんのベストなサーバー選びのためにご活用ください。

本検証は、動画でもあります

今回のXserverとさくらのレンタルサーバ(ビジネス)のスピード検証は、その様子をそれぞれ動画撮影しております。結果は本ブログと同じですが、スピード検証実施の様子を確認されたい際は、どうぞご覧ください。

Xサーバーの結果はこちら

【実証】Xサーバーvs Kinsta【WordPressサーバー スピード対決】#1

さくらのレンタルサーバ(ビジネス)の結果はこちら

【実証】さくらのレンタルサーバ vs Kinsta【WordPressサーバー スピード対決】#4

» Kinstaは面倒な縛り契約は一切無し!だからいつ解約してもOK!30日の全額返金保証があるからお試しもできる!

深谷(JEPISTA)

ECサイトや動画配信サービスのウェブ開発、モバイルアプリの開発・運営をする。学生時代の海外留学2年間と、フィリピンにて2年間仕事をしたので、英語が得意。長崎ちゃんぽん好き。千葉出身。YouTubeチャンネルは「JEPISTA」。

Subscribe on YouTube, Follow on Twitter
WPサーバー検証
Subscribe on YouTube, Follow on Twitter
ジェピスタ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました