Xサーバー vs Kinsta【WordPressサーバー スピード対決】#1

Xサーバー vs Kinsta【WordPressサーバー スピード対決】#1WPサーバースピード対決

日本国内のWordPressサーバーで、一番と言っていいほど人気があるエックスサーバー。

エックスサーバーは、WordPressと相性がいいサーバーと言われており、一部ウェブサーバーにNginx(エンジンエックス)を使用しているなど、ページスピードが速くなるよう設計されています。

しかし、いったん世界に目を向けてみると五万とサーバーサービスは存在し、海外ではより激しいサーバー競争となっています。

そこで今回は、そんな日本国内で人気のあるエックスサーバーと、世界のデベロッパーのなかで世界最強サーバーと評されるKinstaページスピード対決をします。

「日本のトップ」対「世界のトップ」ということなので、世界のトップの方が速いに決まっていると推測できてしまいますね。

それでもエックスサーバーが、どれだけ世界のトップに食らいつけるのかを具体的に数字で測ってみたいと思ったため、今回スピード勝負をすることにしました。

▶ JEPISTAでは多くのワードプレスサーバーのスピード検証をしております。同じ条件のもと全ての検証をしているので、今回のXserverとKinstaのスピード結果と、他のサーバーのスピード結果をそのまま比べていただけます。» 全サーバーのスピード結果と、偏差値ランキングはこちら

同じ条件でスピードテスト【Xサーバー vs Kinsta 速さ対決】

今回の検証ではまず、本サイトJEPISTAをXサーバーにて運用し、サイトをスピードチェックします。

そのあと、本サイトをKinstaにサーバー移行して、ページスピードを測ります。

両者にとって、このJEPISTAサイトをインストールした場合でのスピード測定になるので、条件は全く同じになります(無論、それぞれのサーバーにて、違うウェブサイトを使用してはフェアなスピード比較はできません。)。

Kinstaへサーバー移行・引っ越し方法については、こちらをご覧ください。

エックスサーバーの設定

エックスサーバーでは、サイトを高速化させるとしているデフォルト機能のXアクセラレータを有効化する。

Kinstaの設定

Kinstaでは、Kinstaキャッシュ(ページキャッシュ、オブジェクトキャッシュ、バイトコードキャッシュを含む)がデフォルトで有効であります。

スピードテストの結果【Xサーバー vs Kinsta 速さ対決】

【実証】Xサーバーvs Kinsta【WordPressサーバー スピード対決】#1

動画のとおり、XサーバーとKinstaのスピード勝負の結果は、次のとおりとなりました。

都市XserverKinsta勝者スピードUP
東京0.922秒0.473秒Kinsta95%
フランクフルト (独)5.00秒2.19秒Kinsta128%
ロンドン (英)2.90秒2.05秒Kinsta41%
ワシントン D.C (米)3.73秒1.46秒Kinsta155%
サンフランシスコ (米)1.65秒1.32秒Kinsta25%
シドニー(豪)2.16秒1.07秒Kinsta102%
サンパウロ (ブ)4.02秒2.49秒Kinsta61%
合計秒数20.38秒11.05秒Kinsta
平均秒数2.91秒1.57秒Kinsta84%
Xサーバー vs Kinsta の検証結果

ご覧いただいたとおり、全ての都市からのアクセスにおいてもKinstaが速い結果となりました。

平均しますと、84%もKinstaの方が速いということがわかりました。

大差をつけてのKinstaの圧勝です。

※スピードUPとは、勝者であるKinstaに変えたら、どれくらいサイトのページ読み込みスピードが速くなるかをパーセント化したもの。

※秒数リンクをクリックすると結果ページが開きます。ただ結果ページに表示される計測ロケーション”Test from”は、正しく表示されないのでご注意ください。なぜかPingdomではページを開くたびにここだけ変わってしまいます。

日本でも、差は歴然だった

Xサーバーは日本国内向けのサーバーです。

その日本国内に特化したエックスサーバーが、本拠地である日本でのスピード対決であっても、Kinstaに倍近く差をつけられる結果になってしまいました。

Xサーバーの本拠地である日本でも、米国産のKinstaが95%も速いという結果でした。

さすが、あのGoogleがバックボーンになっているワードプレス最強サーバーだといえます。

グローバルなスピード対決については言うまでもありませんが、ドイツでの対決は倍以上の差をつけました。

合計時間から予測すべきこと

スピードチェックではKinstaの方が圧倒的でした。

今回の7回のアクセスにて、スピードの秒数の合計の差が9秒以上も発生しました。

もし、このサイトが月間7万PVあったら、今回のテストの1万倍のアクセス数になるので、両者間で発生する合計時間の差は、9秒×1万倍=9万秒(=25時間)となります。

このように月間の合計待ち時間をしっかりと計算することで、みなさんのサイトにも思ったより大きな無駄時間があることに気づけるかと思います。

本当に速いサーバーを選ぶことでこのような無駄をなくし、Goolgeが推奨しているように、できるだけ速いウェブサイトにしましょう!

なぜ、Kinstaは速いのか

一言で言いますと、速くするためにやれることはなんでもやっているからです。

ウェブサーバーは、一般的なApacheでなくNginX(エンジンエックス)を採用しているのはもちろんのこと(Xサーバーも同じ)、キャッシュ一つとっても、ページキャッシュ、オブジェクトキャッシュ、バイトコードキャッシュなどをワードプレスサイトに最適化したキャッシュの設計が施されています。

またKinstaユーザーは、サイトを高速化させるCDNを有効化できます。これは嬉しいですね。

サイトスピードの爆速化については、以下のブログもご覧ください。

もし、Kinstaにサーバー移行をされるのであれば、以下のブログをご参考ください。

お使いのサーバーがロリポップやさくらサーバーなど、どのサーバーであっても超簡単にサーバー引っ越しできる方法を、完全無料で公開しております。

※Kinstaでは30日間の返金保証しています。Googleが一番に勧めている最強サーバーなのに無料でお試しできるのはお得ですね。遊び半分に試してみてもいいかもしれません。プレミアムマネッジドサーバーKinstaは、30日間全額返金保証を実施中!

深谷(JEPISTA)

ECサイトや動画配信サービスのウェブ開発、モバイルアプリの開発・運営をする。学生時代の海外留学2年間と、フィリピンにて2年間仕事をしたので、英語が得意。長崎ちゃんぽん好き。千葉出身。YouTubeチャンネルは「JEPISTA」。

YouTubeにて発信をしております。是非、ご覧ください。
JEPISTA Service 動画配信システムとUscreenサポート
WPサーバースピード対決
良かったらシェアしてください。
YouTubeにて発信をしております。是非、ご覧ください。
ジェピスタ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました