オンライン決済サービスとUscreen(ユースクリーン)を連携【Uscreen使い方シリーズ#7】

【ブログ版】Stripe(オンライン決済サービス)とUscreenを連携【Uscreenの使い方シリーズ】第7回Uscreen使い方シリーズ

Uscreen(ユースクリーン)とは、月額たった5,000円程度で、誰でも簡単にアマゾンプライムビデオやネットフックスのような動画配信サービスを作ることができるサービスです。

Uscreen(ユースクリーン)で動画配信サービスを運用する場合、「Paypal」と「Stripe」の2つの決済サービスから選ぶことができます。

そのようなUscreenにおいて今回はStripeを例にして、Uscreenを連携する設定について解説します。

また「Paypal」をご利用される方についても、やや設定方法は異なりますが、大きな流れは同じとなります。

※Uscreen(ユースクリーン)についてご存じない場合は、Uscreen(ユースクリーン)とはをご一読ください。
※まだUscreenのお申し込みをされていない方はUscreen(ユースクリーン)の申し込み方法をご参考ください。

【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】とは

Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズとは、世界No.1サービスであるUscreenを、日本の方にも不自由なく使っていただけるよう、Uscreenの申し込みから機能紹介、設定方法や使用方法などを解説している、全21回から成るシリーズになります。

本ブログ「Stripe(オンライン決済サービス)とUscreen(ユースクリーン)を連携」は、この【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】の第7回となります。

»【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】とは

本サイトでのブログでの解説のほかに、YouTubeにおいても解説動画を公開しております。

動画での解説が良い場合は是非、動画をご視聴ください。

» 【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】再生リスト@YouTube 【動画解説】

「StripeとUscreen(ユースクリーン)を連携する」とは

Uscreen(ユースクリーン)にて動画配信サービスを運営していくなかで、個別の動画販売や動画レンタル、また定額プランなどの販売から売上が発生していくこととなります。

ここで何かしらのオンライン決済サービス(システム)が無いと、オンラインにてお金のやり取りをすることができません(オンライン決済ができない)。要は、お客さんから料金を受け取れない、ということです。

そこで、動画配信サービスとオンライン決済サービスであるStripeを連携させます。そうすることで、その売上をStripeを通じて受け取ることができることとなります。

Uscreen(ユースクリーン)では、Stripe以外のオンライン決済サービス(Paypal)とUscreen(ユースクリーン)を連携させることで、そのオンライン決済サービス(例えばPaypal)を通じて、売上を受け取ることもできます。

StripeとUscreen(ユースクリーン)を連携設定する

ここではStripeを例にして、Uscreen(ユースクリーン)の連携設定について解説します。





本解説の残りのコンテンツは【会員限定】となります。


全コンテンツを読むには「会員登録」する必要があります。


会員登録はこちらからどうぞ




Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ【YouTube動画版】と【ブログ版】

【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】にはYouTubeにて公開している【動画版】と、本サイトにて公開している【ブログ版】があります。

» 【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】再生リスト【YouTube動画版】

» 【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】ブログ一覧【ブログ版】

次回「メインデザイン「テーマ」選びと、「共通ページ」のカスタマイズ【シリーズ】第8回」

次回は、メインデザイン「テーマ」選びと、「共通ページ」のカスタマイズについての解説をします。次回は【Uscreen(ユースクリーン)使い方シリーズ】の第8回となります。



今回の説明は以上です。

お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました