メンタリストDaigo氏は、なぜ独自の動画配信サービス【Dラボ】を作ったのか

メンタリストDaigo氏は、なぜ独自の動画配信サービス【Dラボ】を作ったのか

チャンネル登録者数200万人以上、教育系YouTuberの先駆者であるメンタリストDaigo氏。長年、YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サービスを巧みに駆使してきたDaigo氏が2020年10月、独自のオンライン動画配信サービス「Dラボ」をリリース。

ニコニコ動画でもYouTubeにおいても大成功をしているDaigo氏はなぜ、独自動画配信サービスを作らなければならなかったのか。

本ブログでは、はじめに「Dラボとはどのようなサービスなのか」ということについて、そして「メンタリストDaigo氏がDラボを作ったきっかけと経緯」、またメンタリストDaigo氏がDラボを作ったように「独自で動画配信サービスを持つ優位性」についてお話します。

Dラボ(メンタリストDaigo氏の動画配信サービス)
メンタリストDaigo氏の動画配信サービス「Dラボ」

そもそも【Dラボ】とは

Dラボとは、メンタリストDaigoの動画をいつでもフルで視聴することができるオンライン動画配信プラットフォームです。
NetflixやAmazon Prime Videoなどの動画配信サービスがさまざまな映画やドラマを視聴できるのに対して、DラボはメンタリストDaigo氏の動画のみを視聴することができるサービスです。

Dラボの目的

Daigo氏は「知識のNetlixを目指している」とその目的を謳っています。

2つのプラン「ベーシック」と「拡張」

Dラボには、ベーシックプランと拡張プランの2つのプランがあります。各プランの内容は以下のとおりです。

各プランの内容

 ベーシック拡張プラン
Dラボ会員資格
再生速度変更×
オーディオブック保存無制限×
バックグラウンド再生×
動画ダウンロード×
オフライン再生×

各プランの料金

 ベーシック拡張プラン
月契約月額599円月額899円
年契約月額549円月額824円

Dラボの開発者

Daigo氏の弟であるKeigo氏と、その他2名の計3名でDラボを開発しました。

メンタリストDaigo氏は、なぜ独自の動画配信サービス【Dラボ】を作らなければならなかったのか

YouTubeには、回避できないリスクがある

Daigo氏は、長きにわたってYouTubeでの活動されています。
YouTubeについてDaigo氏は「YouTube運営側の一方的な都合によりたびたび規約変更されることから生じるリスクや、アルゴリズム更新の影響による不安定リスクがある」ということを挙げています。

そしてこれらリスクは、YouTubeというプラットフォームのなかでのプレーヤーとしている限りは回避することができず、そのことは安定した収益を得るためのビジネスのモデルとしては適切でない、ということをいっています。

急成長している「サプスクリプション」ビジネス

Daigo氏は、NetlixやAmazon Prime Videoなどのいわゆるサプスクリプション型(定額制)のビジネスが、特に海外では急速に成長しているということに注目します。

そしてサプスクリプションビジネスは、ヒット商品を世に出し続けなければならない他のビジネスとは違い、月額制などで収益を生むことから収益の安定化が可能であり、そしてなにより、来期などの収益の見通しについても、会員数増減や解約率のデータから将来の予想収益を導くことができるため、安定した収益と資金計画が立てやすいビジネスモデルである、と結論付けています。

リスク回避と、急成長ビジネスから学んだ結果が「Dラボ」である

YouTubeがこれからどのように規約やアルゴリズムを変更していくか、そしてそのタイミングすら誰にも予想することができません。YouTubeの規約変更があるたびに、そのことがユーチューバー内での話題になることから、規約変更がユーチューバーに及ぼす影響があることがわかります。
そのほかにも、いきなりアカバン(アカウント停止)されることや、動画再生に対する広告収入が急減した、またガイドラインに違反はないはずの動画がいきなり削除されたなどという報告が散見されるように、不安定リスクが介在していることがわかります。
もしそれらリスクによって広告収益減や動画コンテンツが削除されたなどと影響を受けたとしても、YouTubeを利用する以上は、ユーザーはそれらYouTubeの判断を予め全て承知したうえで利用をしているため、ほとんどの場合YouTubeの判断と行為が正しいとされます。

YouTuneに限ったことではありませんが、なにかの動画配信プラットフォームに依存することは「自分ではどうすることもできない不安定リスクをずっと抱えていく」ということをDaigo氏は指摘します。

NexflixやAmazon Prime、Disney+のようなサプスクリプション型の動画配信サービスは著しく成長しています。Daigo氏によると、平均的な産業成長率が2%であるなか、サプスクリプションを採用するビジネスは年率14%程度で成長しており、サプスクリプションを導入したビジネスはこれからより成長していくと予想しています。
サプスクリプションであるDisney+がリリース後、予想よりも大幅に会員数を増やし海外で大きくニュースになったことや、ポルシェも定額制サプスクリプションを導入している事実からも、Daigo氏の言うとおり、動画配信サービスのような新しいビジネスであれ、自動車のようなに昔からあるビジネスであれ、サプスクリプションを組み入れた事業者はより成長をし、そしてそれが既にこれからのあるべき新しいビジネスモデルとして確立されている、といいます。

YouTubeなどを利用する場合に避けることができない「不安定リスク」を回避するため、また世界で急成長している企業が取り入れている「サプスクリプション」をいち早く導入し、これからの時代に最適化設計されたのが、独自動画配信サービス「Dラボ」である、ということです。

誰でも簡単に定額制の動画ストリーミングサービスが作れる「Uscreen」とは

Uscreen

自前で定額制の動画配信サービスをお持ちになりたいなら、世界No.1サービスであるUscreenを使うといいでしょう。

たった月額5,000円($49)で、NetflixやDラボのような定額制動画ストリーミングを作ることができます。

Uscreenの費用は、日本のサービスと比べて8~10分の1程度と超格安でありながら、日本のサービスとは比べられないほど多くの機能が含まれており、またデザインが自由に変えられ、そしてユーザーが簡単に操作できるようにサービス全体が設計されています。

実際にUscreenにて、定額制動画配信サービスを作ってみた(レビュー・口コミ)

Uscreenを実際に使ってみて、やはりUscreenが世界No.1である、と実感しました。

動画では、実際にUscreenで作ってみた私の定額制動画配信サービスをご覧いただくことができ、よってUscreenにてどのような定額制動画配信サービスができるかをお確かいただけます(口コミ・レビューもしております)。

格安・ハイクオリティ・シンプルのUscreenはやはり世界最強です。

是非、動画をご視聴ください。

「Dラボ」のような独自動画配信サービスが作れるサービス【4社比較】

独自の動画配信サービス・アプリが超絶簡単に作れるサービスを紹介【NetflixやAmazon Prime Video、Dラボを作る】

以下のブログでは、DラボやNetflix、Amazon Prime Videoのような動画配信サービスを自前で作れるサービスを紹介しております。

私自身も動画配信サービスの開発者として、どのようなインターフェイスにしたらユーザー満足度を上げられるかということを常に考え、また新しいアイディアがないかと発想を続けています。そんな開発者である私は、先述したUscreenを断トツでお勧めします。

正直、日本のサービスとは格が大きく違うほど、いいサービスです。

★独自の動画配信サービス・アプリを作りたい方には必見

有料会員制動画ストリーミングシステム【JEPISTA Prime】とは

開発者である私自身も、有料会員制の動画配信サービスシステムを作ってみました。

今回作ったこのテンプレート「JEPISTA Prime」は、Amazon Prime VideoやNetflix、Dラボと同じように、 会員ユーザーは月額料金を支払って、動画コンテンツを視聴することができるというシステムになっております。

もし、自前の動画配信サービスが作りたいということであれば、お手伝いできるかと思いますが、先述のUscreenもとてもいいサービスであるため、併せてご検討ください。

ご相談ごとがあればお気軽にどうぞ